大谷翔平が2打席連発 指揮官も仕上がりを絶賛「今の状態が続かない理由がない」

2打席連続本塁打と活躍したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
2打席連続本塁打と活躍したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

955日ぶりの2打席連発、3打数2安打、2本塁打、2打点で打率.563

■レッズ 7-3 エンゼルス(オープン戦・日本時間16日・テンピ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、レッズ戦とのオープン戦に「2番・DH」でスタメン出場し、初回に2号ソロ、3回に3号ソロと2打席連続アーチを放った。2打席連発は、2018年8月3日(同4日)のインディアンス戦以来、実に955日ぶり。試合後、ジョー・マドン監督は「バランスが遥かに良くなっている」と大きく頷いた。

 レッズの“二刀流男”マイケル・ローレンゼン投手との対戦で、初回1死の第1打席でフルカウントから外角高めの球を強振。打球は左翼方向に高々と上がり、スタンド中段へ。いきなりの一発で、オープン戦6試合連続安打もマークした。さらに3回1死走者なしの第2打席でも、左中間方向にアーチを叩き込み、11日(同12日)のジャイアンツ戦から出場2試合連続でのマルチ。5回の3打席目は空振り三振で、3打数2安打、2本塁打、2打点だった。

 オープン戦6試合で15打数9安打、5打点、3本塁打で打率.563。指揮官は「打席内でのバランス、そして手の動きの面でも遥かに良い状態。ボールが見えている。今の状態が続かないと考える理由がない」と手放しで称賛した。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY