大谷翔平、2打席連発に敵地メディアも衝撃 「文句なし」「信じられないほど素晴らしい」

2打席連続本塁打と活躍したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
2打席連続本塁打と活躍したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

レッズの“二刀流男”ローレンゼンに完勝「オオタニが楽々と前進している」

■レッズ 7-3 エンゼルス(オープン戦・日本時間16日・テンピ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、レッズとのオープン戦に「2番・DH」でスタメン出場し、初回に2号ソロ、3回に3号ソロと2打席連発をマークした。2打席連発は、2018年8月3日(同4日)のインディアンス戦以来、実に955日ぶり。二刀流完全復活に向けて順調な仕上がりを見せる姿に、敵地メディアも「信じられないほど素晴らしい打者だ」などと驚きを隠せないようだ。

 レッズの“二刀流男”マイケル・ローレンゼン投手との対戦で、初回1死走者なしの第1打席はフルカウントから外角高めの球を強振。打球は左翼方向に高々と上がり、スタンド中段へのソロに。オープン戦6試合連続安打となった。さらに3回1死走者なしで迎えた第2打席でも左中間方向にアーチを叩き込み、11日(同12日)のジャイアンツ戦から出場2試合連続での複数安打もマーク。5回の3打席目は空振り三振で3打数2安打、2本塁打、2打点で打率.563となった。

 衝撃の連弾に、レッズが本拠を置くシンシナティの地元メディア「シンシナティ.com」でスポーツレポーターを務めるチャーリー・ゴールドスミス氏は、ツイッターに「マイケル・ローレンゼンは今日、(以前より)格段に良い直球を投げている。しかし問題はショウヘイ・オオタニが彼の球を2度も左翼スタンドに運んでいるということ。信じられないほど素晴らしい打者だ」と投稿。さらに「(ボールも長く見えているようで)良い球に対して逆方向に強烈な打球を運んでいる」と目を見張った。

 同じくシンシナティの地元メディア「シンシナティ.com」でレッズ番を務めるボビー・ナイチンゲール記者も「オオタニがローレンゼンとの2打席目に左翼スタンドへ“文句なし”の一発」と称賛。“同志”の対戦には「MLBで最高の二刀流対決において、オオタニが楽々と前進している」と圧倒的な実力を認めた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY