「メジャー級」「もはや助っ人」阪神ドラ1佐藤輝、規格外の特大弾に球場騒然

阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】
阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】

佐藤輝はオープン戦単独トップとなる5号2ランを放つ

■阪神 9-6 ヤクルト(オープン戦・16日・神宮)

 阪神ドラフト1位ルーキーの佐藤輝明内野手が16日のヤクルト戦(神宮)で特大の5号2ランを放った。オープン戦単独トップとなる豪快弾にファンも「もはや助っ人外国人」「メジャー級」と大盛り上がりだった。

 この日、佐藤輝は「6番・右翼」でスタメン出場すると4回2死一塁で迎えた第3打席でヤクルト左腕・寺島から12球団単独トップの5号2ラン。右翼席上段に飛び込んだ特大アーチを「DAZN」公式ツイッターも「どうすれば止まるのか!?」とコメントを添え動画を公開した。

 これまでは逆方向への一発だったが、初めて右翼へ引っ張ったドラ1ルーキーにファンも「いつ止まるんや……」「メジャー級の完璧ホームラン」「もはや助っ人外国人」「化物」「想像を超えてくる」「予想以上に凄い」と驚きの声を上げていた。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY