大谷翔平、CY賞ビーバー攻略141M弾 同僚には当然の活躍?「僕たちからすれば…」

141メートル弾を含む3打数2安打2打点の活躍を見せたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
141メートル弾を含む3打数2安打2打点の活躍を見せたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

バックスクリーン越え4号2ランで2戦3発 驚異の打率.579、連敗ストップ

■エンゼルス 17-8 インディアンス(オープン戦・日本時間17日・テンピ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、アリゾナ州テンピで行われたインディアンスとのオープン戦で「2番・指名打者」で先発出場。昨季の投手3冠でサイ・ヤング賞のシェーン・ビーバーと対戦し、2回の第2打席で投手強襲の内野安打。3回の第3打席でバックスクリーンを越える4号2ランを放った。5回に代打を送られて3打数2安打2打点。打率.579、OPS1.782とした。

 サイ・ヤング賞右腕からのアーチは、3回2死三塁だ。初球をフルスイングした打球はバックスクリーンを越えた。球団は飛距離464フィート(約141.4メートル)と発表。3日のレンジャーズ戦で放ったオープン戦1号の自己最長468フィート(約142.6メートル)に次ぐ飛距離だ。2試合連発は昨年7月29、30日のマリナーズ戦以来229日ぶり。公式戦では5度記録している。オープン戦4本塁打は現時点でメジャー4位タイとなった。

 チームメートも衝撃の破壊力だ。この日の先発で4回5安打2失点と好投したキャニングは、登板後のオンライン会見で打者・大谷を称えた。

「間違いなく状態が良好に見えるね。体の方も健康そうだし。でも、彼は普段通りで、同じ男だよ。昨年苦しいシーズンを過ごしたからと言って、周りの僕たちからすれば、彼が違う選手ということにはならないんだ。ジョークも言うし、笑顔を見せるし、楽しんでいるよ。見ていて楽しい選手だね」

 驚異的な打力を見せているが、ロッカールームでの26歳は普段と全く変わらないようだ。

 2回2死一塁ではビーバーの左足踵に直撃する内野安打。打者出場したオープン戦全7試合で安打を記録し、マルチ安打は3試合連続4度目だ。シーズン開幕へ順調すぎる調整を見せている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY