阪神佐藤輝がOP戦新人最多6号 西武・今井は脱帽「結構飛ばされてしまいました」

先発した西武・今井達也(左)と本塁打を放った阪神・佐藤輝明【写真:宮脇広久】
先発した西武・今井達也(左)と本塁打を放った阪神・佐藤輝明【写真:宮脇広久】

西武今井と阪神佐藤は同世代「ストレートに振り負けない鋭いスイングでした」

■西武 – 阪神(オープン戦・17日・メットライフ)

 阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(近大)は17日、西武とのオープン戦(メットライフドーム)で「6番・右翼」で先発出場。2回の第1打席でドラフト制後の新人最多となるオープン戦6号ソロを放った。

 2回先頭。同世代の甲子園優勝投手・今井達也からアーチをかけた。1ボール1ストライクから、高めの150キロ直球を振り抜き、右中間スタンド中段へ消える先制の6号ソロ。14日の巨人戦(甲子園)から3試合連続弾で、49年ぶりとなるオープン戦新人新記録を樹立した。

 西武・今井は5回3安打4失点(自責3)で降板。佐藤輝との4回先頭の対決ではニゴロに打ち取ったが、同世代の黄金ルーキーに脱帽だった。「やはり身体がとても大きいと思いました。ストレートに振り負けない鋭いスイングでした。(打たれた本塁打も)結構飛ばされてしまいましたね。(あの場面は)インハイで勝負すればよかったかと……。悔いが残りますし、悔しいです」。プロの先輩として結果を残せず、唇をかんでいた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY