中日・根尾がオープン戦初の猛打賞 開幕1軍に向け猛アピール

中日・根尾昂【写真:小西亮】
中日・根尾昂【写真:小西亮】

右前適時打、中前打、左翼線二塁打と広角に打ち分けた

■中日 – 巨人(オープン戦・17日・バンテリンドーム)

 中日・根尾昂内野手が17日、巨人とのオープン戦(バンテリンドーム)に「7番・右翼」で出場。初の3安打を放ち、開幕1軍に猛アピールした。

 2回1死二塁で迎えた第1打席、巨人のドラフト1位・平内(亜大)から右前適時打を放つと、6回の第3打席では畠に対して中前打で出塁して二盗に成功。さらに8回の第4打席では再び畠から左翼線二塁打を放った。

 根尾のこの試合までのオープン戦での打撃成績は24打数3安打の打率.125。しかし、開幕まで残り4試合となったこの試合でオープン戦初の猛打賞。大きな目標である開幕1軍をアピールした。

【動画】根尾が第1打席で放った右前適時打

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY