“至高の変態打ち” 西武・外崎の一打にファン仰天「これは技ありすぎる」

左前安打を放った西武・外崎修汰【画像:パーソル パ・リーグTV】
左前安打を放った西武・外崎修汰【画像:パーソル パ・リーグTV】

守備では2度ボテボテのゴロを鋭いダッシュ&華麗なトスでアウトに

■阪神 5-3 西武(オープン戦・17日・メットライフ)

 西武・外崎修汰内野手が17日の阪神とのオープン戦(メットライフドーム)で好守に躍動した。「6番・二塁」で出場し、内角低めの変化球を“至高の変態打ち”で捉えて左前打。守備でもボテボテのゴロを華麗にさばくなど存在感を示した。

 バットで魅せたのは6回1死二塁の場面。西純が投じた内角低めの変化球に対して両足を三塁側に引きながら脇を締めて軽打。打球はレフト前に弾み、チャンスを広げた。

 守備では4回に佐藤輝のボテボテのゴロを鋭いダッシュで捕球し、そのままグラブトスでアウトに。8回には大山の一、二塁間寄りのボテボテのゴロを捕球すると一塁にバックトスでアウトにした。

「パーソル パ・リーグTV」は公式Youtubeに「外崎修汰が至高の“変態打ち”に華麗守備を連発」とのタイトルで一連のプレーを投稿。ファンも驚きの声を寄せている。

「これは技ありすぎる」「右手は添えるだけ打法」「トノサキタマラン」「やっぱり野球は守備からよ」「守備年々上手になってきてる すごすぎる!」

 昨季は初のゴールデングラブ賞を受賞した外崎。今季も攻守にわたって活躍が期待できそうだ。

【動画】西武・外崎、“至高の変態打ち”と2度の美技

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY