1番・大谷翔平がイチロー“御前試合”で躍動 親日家実況が大興奮「文句なしの働きだ」

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷が196日ぶり1番スタメンで打率6割到達、地元放送局は走塁にも注目

■エンゼルス 7-4 マリナーズ(オープン戦・日本時間18日・ピオリア)

 エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、アリゾナ州ピオリアで行われたマリナーズとのオープン戦で「1番・指名打者」で3試合連続で先発出場。2回の第2打席で左前打を放ち、8試合連続安打をマークした。1番スタメンでは“メジャー初安打”となった。足でも三盗を決め、オープン戦初盗塁をマーク。4回に代打を送られて途中交代し、1打数1安打2得点1四球だった。オープン戦は驚異の打率.600、OPS1.809。地元放送局「FOXスポーツ・ウエスト」は大谷の1番打者としての働きを高く評価した。

 この日の実況は親日家でお馴染みのホセ・モタ氏、解説はエンゼルスOBのマーク・グビザ氏だった。その両氏が高く評価したのは、走者・大谷の全力疾走だった。初回先頭で四球で出塁。続くワードの左前打で一気に三塁へ進んだ場面だ。まずは「いつでもランナーとして脅威です。エンゼルスを代表する俊足で果敢に走る」と評していたモタ氏は、高く評価した。

 モタ氏「オオタニが一気に三塁まで到達した! 言った通りのことが起こりました!」

 グビザ氏「本当に感銘を与えるものです。最後まで力を抜かずにプレーしました。オオタニが走っていることも守備にプレッシャーを与えました」

 大谷は続くウォルシュの右前適時打で生還。グビザ氏は2回無死の第2打席でも走者・大谷を称賛した。「オオタニは何気なく二塁に行ったのではありません。彼は守備にプレッシャーを与えるという目的を持って走っていました。そのためにレフトが弾くということが起こったのです」。

名物解説グビザ氏は打撃好調のワケを指摘「足がどっしりと動きません」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY