「かっこいい体型でいたい」西武辻監督、欠かせないランニングと適度な筋トレ

西武・辻監督【写真:(C)PLM】
西武・辻監督【写真:(C)PLM】

日々の歩数で球団を応援できる歩数系アプリ「パ・リーグウォーク」が歩数連携を開始

 2021年4月1日から、さいたま市の健康づくりを支援する「さいたま市健康マイレージ」と、パシフィックリーグマーケティング株式会社(以下PLM)が運営する、日々の歩数で球団を応援できる歩数系アプリ「パ・リーグウォーク」が歩数連携を開始します。これにより、パ・リーグウォークアプリからさいたま市健康マイレージに参加することが可能になり、スポーツ振興を通じて日常的に楽しみながらできるウォーキングによる健康づくりを推進します。

 これを記念し、パ・リーグウォーク内にて西武をお気に入り球団に登録した方などを対象に「さいたま市を楽しく歩いてパ・リーグを応援! キャンペーン」を行います。この取組みは、2016年3月に世界初※のプロスポーツリーグにおけるゲーム型健康増進プロジェクトとして開始したパ・リーグウォークが、自治体とタッグを組み幅広い世代へ健康づくりを応援するものです。(※PLM調べ)

 4月1日の連携開始に先立ち、西武の辻発彦監督にインタビュー。選手時代から現在まで活躍を続ける辻監督が、歩くこと、健康のこと、野球のことなどを語ってくれた。

――辻監督は遠征の際に宿舎の近くをランニングしていると聞きました。
「北海道や仙台、大阪など、すべての場所にいいランニングコースがあります。千葉や福岡だったら海岸線とか、それぞれの遠征地でランニングを楽しんでいますね」

――ランニングやウォーキングをする時に考えていること、楽しみ方などは?
「いろんなところで景色を楽しんでいます。監督ともなると、冷や汗はかきますけど、運動をして汗をかくことがないので(笑)。健康のことも当然ありますし、もともと汗をかくのが好きなので。音楽を聞きながら、周りを気にしながら、その実感が非常にいいですね。その日の試合のシミュレーションというか、どういう作戦でいこうとか考えたりすることもありますし、走っている時間が気分転換。汗もかけて、考えることもできて、非常にいい時間ですね」

――健康面で気を付けていることはありますか?
「走ること、汗をかくこと。あとはお腹が出ないように、ユニホーム着てかっこいい体型でいたいなと思うので、腹筋背筋をやったり、腕立てをやったりとか、小さなことですけど、するようにしていますね」

「埼玉は楽しみながら歩くには非常にいい街ですね」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY