カメラは見ていた…絶妙なクッションボール処理の「ボールボーイ相変わらず上手いな」

さりげない好守が話題【画像:パーソル パ・リーグTV】
さりげない好守が話題【画像:パーソル パ・リーグTV】

強い打球がフェンスに当たって跳ね返るも…「ボールボーイナイスキャッチ」

■ソフトバンク 2-1 DeNA(オープン戦・17日・PayPayドーム)

 プロ野球のオープン戦も終盤に突入。26日の開幕に向けて選手たちがプレーの質を上げる中、思わぬところで飛び出した好プレーにも注目が集まっている。17日にPayPayドームで行われたソフトバンク-DeNA戦で、ファウルゾーンで待機していたボールボーイが“堅守”を披露。ファンも「PayPayのボールボーイ相変わらず上手いなww」と称賛している。

 見逃しそうだが、注目のプレーが起きたのは5回1死一塁の場面。DeNAの山本が引っ張った打球は、三塁線を切れるファウルに。内野のフェンスに当たって跳ね返り、グラウンドに戻りそうになったが、すかさずボールボーイが回り込んで捕球。見事なクッションボール処理を見せた。

「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルは、「【好守しました・されました】3月17日、今日のナイスプレーまとめ」とのタイトルで公開した動画の中で紹介。ファンからは「ボールボーイ守備上手い人多いよね」「まさかのボールボーイの好プレーww」「ボールボーイナイスキャッチ」などとコメントが寄せられていた。

【動画】PayPayボールボーイが見せた好守映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY