西武山川が「とんでもねえ打ち方してて草」 “悪球打ち”バックスクリーン弾に騒然

オープン戦3号ソロを放った西武・山川穂高【画像:パーソル パ・リーグTV】
オープン戦3号ソロを放った西武・山川穂高【画像:パーソル パ・リーグTV】

完全にボール球とわかる“悪球”カチ上げた「強引すぎて笑う」

■DeNA 5-1 西武(オープン戦・19日・メットライフ)

 西武の山川穂高内野手が19日、DeNAとのオープン戦(メットライフ)で衝撃のバックスクリーン弾を放った。ストライクゾーンから大幅に外れたボール球をしばき上げた“悪球打ち”に、ファンは「怖すぎる」「とんでもねえ打ち方してて草」などと驚きを隠せないようだ。

 2点リードされた4回の先頭。2ストライクから、DeNAの先発・浜口の投じたチェンジアップは、高めに大きく外れる軌道を描いた。悠々見逃せるような完全ボール球。ところが山川は下からカチ上げると、痛快な破裂音とともに打球はセンター方向へ。バックスクリーンに飛び込むオープン戦3号ソロとなった。

「パーソル パ・リーグTV」の公式ツイッターが動画で公開。ドカベン岩鬼もびっくりしそうな“悪球打ち”に、ファンからは「なんじゃこりゃ」「なんだこの悪球打ち!?」「化け物すぎて草」「強引すぎて笑う」などとコメントが寄せられていた。

【動画】衝撃の“悪球打ち”バックスクリーン弾

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY