甲子園の熱気は「自分たちを変える」 戻ってきた球音…選手たちが感じた思い

第93回選抜高校野球が19日に開幕した
第93回選抜高校野球が19日に開幕した

初戦から好ゲーム、神戸国際大付、仙台育英、健大高崎が勝利

 第93回選抜高校野球が19日から甲子園球場で始まった。駅の改札を抜けると、選手の応援に来た保護者同士が再会を喜ぶ姿やチケットを握りしめるファンの姿もあった。球場に入ると大会歌の「今ありて」が鳴り響く。見上げると青空が広がっていた。甲子園が戻ってきた。【楢崎豊】

 主催者の尽力で2年ぶりに迎えた春の甲子園。検温やアルコール消毒の機器も入退場口に多く用意されるなど、感染予防対策は徹底されていた。取材方式はすべてオンライン。来場者には大型ビジョンで入場チケットを14日間保管することをお願いするアナウンスが何度もされた。ビールなどのアルコール類も販売はされなかった。

 アルプス席も人が戻った。学校関係者、保護者、部員たちはそれぞれ距離をとって応援し、吹奏楽部の応援は、CDに録音された音源を使用。チャンスや得点シーンでは、メガホンや手拍子でスタンドは沸いていた。

 やっぱり、甲子園はいい――。球音が戻ってきた高校野球ファンから、そんな声も聞こえてきた。実際、プレーしていた監督、選手たちはどう感じていただろうか。

 第1試合では神戸国際大付が、土壇場の9回裏に同点に追いつき、サヨナラ勝利を収めた。青木尚龍監督が「まさかこういう展開になるとは思っていなかったです。勝った瞬間、うれしかった」という劇的勝利。開幕カードから高校野球の醍醐味ともいえるシーソーゲーム。アルプス席と喜べた1勝は格別だった。

 その9回裏の攻防。北海の左翼手・林大海の好返球で走者が本塁でアウトになったシーンがあった。人数が制限されているのにもかかわらず、そのノーバウンド送球に大きなどよめきが甲子園を襲った。敗戦投手となった北海のプロ注目・木村大成投手は「投げている時、スタンドの声は聞こえなかったですが、どよめきは感じていました。(有観客で)いつもの精神状態で投げることができませんでした」と悔しがった。これまで経験した無観客試合の公式戦は平常心で投げられたというが、選抜の舞台は苦しんだ。この経験を糧にして、また夏に帰ってくることを約束した。

好投の仙台育英・伊藤は1年夏に苦い記憶が…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY