“326億円価値”のスターも絶賛 逆シングル→鬼肩が「どんな打球も抜けそうにない」

メッツのルイス・ギヨーム【写真:AP】
メッツのルイス・ギヨーム【写真:AP】

メッツの名手リンドーアも思わず拍手、ファンも「素晴らしい動きだ」

■ナショナルズ 3-1 メッツ(オープン戦・日本時間19日・ポートセントルーシー)

“3億ドル(326億円)価値の男”も思わず絶賛する好守に、注目が集まっている。メッツのルイス・ギヨーム内野手は18日(日本時間19日)のナショナルズとのオープン戦で、二遊間最深部への痛烈な打球を華麗にアウトにした攻守を披露。そのプレーに、2度のゴールドグラブ賞を獲得している同僚のフランシスコ・リンドーア内野手が拍手を送る映像が公開されると、ファンも「この男は職人だ! どんな打球も抜けそうにない」などと称賛している。

 3回無死走者なしの場面で、痛烈な打球が三遊間を襲った瞬間だった。遊撃手のギヨームはスライディングしながら逆シングルで軽やかにグラブにおさめると、振り向きざまに“鬼肩送球”。見事にアウトにすると、この日は欠場していたリンドーアも拍手で称えた。

 米メディア「SNY」が公式ツイッターで動画を公開。ファンからは「私が今まで見た中で最もスムーズな選手」「素晴らしい動きだ」「いつの間にゴールドグラブ級の内野手になったんだ?」などとコメントが寄せられた。

 チームの遊撃には、通算138発のリンドーアが君臨。そのスーパースターについて、米最大の移籍情報サイト「トレード・ルーマーズ」によると、リンドーア自身はシーズン中の契約締結はないと主張。現在交渉中だが、FAとなるオフに再度交渉することになる可能性も高いという。日本のプロ野球では巨人の菅野智之投手が歴代最高の8億円と大台を突破したが、それすら及ばない破格の3億ドルの長期契約になるとの見方も。そんなメジャー屈指の存在から認められたギヨームの好守も、間違いなく超一級品だった。

【動画】“326億円価値の男”お墨付きの超絶プレー

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY