筒香嘉智、オープン戦10試合目で初の長打&マルチ 打率は.158に上昇

レイズ・筒香嘉智【写真:AP】
レイズ・筒香嘉智【写真:AP】

「1番・一塁」で先発、左翼線二塁打&中前打

■Rソックス 11-7 レイズ(オープン戦・日本時間20日・フォートマイヤーズ)

 レイズの筒香嘉智外野手が19日(日本時間20日)、レッドソックスとのオープン戦に「1番・一塁」で先発出場。3打数2安打と今季初のマルチ安打を記録した。オープン戦の成績は19打数3安打、打率.158、1打点、8三振となった。

 筒香はレッドソックスの先発ネイサン・イオバルディに対して1回の第1打席は左飛に倒れた。しかし2回1死二塁で迎えた第2打席で左翼線二塁打、4回2死の第3打席で中前打を放った。6回に代打を送られて退いた。安打は11日(同12日)のオープン戦以来、8日ぶりだった。

 レイズ移籍1年目の昨季は51試合出場で打率.197、8本塁打、24打点。今季オープン戦はこの試合まで16打数1安打、打率.063だった。ここから巻き返しなるか。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY