「判断力がエグい」鷹・柳田の“変態打ち”を適時打にした今宮の好走塁が凄い

ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

柳田はオープン戦初のマルチを記録、“変態打ち”も炸裂

■ソフトバンク 2-1 広島(オープン戦・20日・PayPayドーム)

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手が20日、広島とのオープン戦(PayPayドーム)に「3番・左翼」でスタメン出場。勝ち越しのタイムリーを含むオープン戦初のマルチ安打を記録した。厳しいコースにも対応した“悪球打ち”と抜群のスタートを切った今宮の走塁にファンも「今宮の判断がエグい」「変態具合全開の化け物」と驚きの声を上げている。

 柳田は4回の第2打席で中前打を放つと、すかさず二盗を決めチャンスを拡大。さらに6回1死二塁の第3打席では低めの変化球にバットをすくい上げるように出すと打球はフラフラと舞い上がり左前にポトリ。二走・今宮が完璧なスタートを切っており決勝のホームを踏んだ。

 オープン戦初マルチとなった2安打は共に厳しいコースを弾き返した一打で「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeも「【そこ打つ!?】柳田悠岐『ギータがギータらしくなってきた』」とのタイトルで動画を公開。柳田の“変態打ち”と今宮の好スタートにファンは「今宮の判断がエグい」「変態具合全開の化け物」「好走塁過ぎる」と多くのコメントが寄せられていた。

【動画】あの打球でどうやって生還? 二走・今宮の素晴らしい打球判断

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY