阪神ドラ1佐藤輝は活躍なるか? 過去のOP戦本塁打王のシーズン成績を振り返る

阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】
阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】

ソフトバンク柳田、日本ハム大谷、巨人中島らが過去にOP戦本塁打王に

 プロ野球のオープン戦は21日に全日程を終え打撃部門では阪神のドラフト1位ルーキー・佐藤輝明内野手が6本塁打で新人ではドラフト制度後初となるオープン戦“本塁打王”となった。ここでは過去のオープン戦本塁打王を振り返り、実際のシーズンと比較してみる。

【2013年】
○柳田悠岐(ソフトバンク)オープン戦 6本塁打
シーズン 11本塁打 104試合、打率.295、41打点

【2014年】
○柳田悠岐(ソフトバンク)オープン戦 4本塁打
シーズン 15本塁打 144試合、打率.317、70打点

【2015年】
○ミレッジ(ヤクルト)オープン戦 5本塁打
シーズン 1本塁打 24試合、打率.211、9打点

【2016年】
○柳田悠岐(ソフトバンク)オープン戦 5本塁打
シーズン 18本塁打 120試合、打率.306、73打点

【2017年】
○高山俊(阪神)オープン戦 4本塁打
シーズン 6本塁打 103試合、打率.250、24打点
○大谷翔平(日本ハム)
シーズン 8本塁打 65試合、打率.332、31打点
○ダフィー(ロッテ)
シーズン 6本塁打 54試合、打率.201、18打点
○白崎浩之(DeNA)
シーズン 0本塁打 34試合、打率.185、4打点

【2018年】
○バレンティン(ヤクルト) オープン戦 6本塁打
シーズン 38本塁打 142試合、打率.268、131打点

【2019年】
○大田泰示(日ハム) オープン戦 5本塁打
シーズン 20本塁打 132試合、打率.289、77打点
○陽岱鋼(巨人)
シーズン 4本塁打 110試合、打率.274、21打点

【2020年】
○中島宏之(巨人) オープン戦 4本塁打
シーズン 7本塁打 100試合、打率.297、29打点
○オースティン(DeNA)
シーズン 20本塁打 65試合、打率.286、56打点

ソフトバンクの柳田はオープン戦で3度の本塁打王

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY