大谷翔平は「100年以上見ることがなかった才能」 164キロ&2安打を米メディア激賞

「1番・投手」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
「1番・投手」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

地元のLAタイムズ紙「オオタニの最新の伝説のマイルストーンが開かれた」

■パドレス 4-1 エンゼルス(オープン戦・日本時間22日・ピオリア)

 エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、アリゾナ州ピオリアで行われたパドレスとのオープン戦で「1番・投手」で先発出場した。“リアル二刀流”で、バットでは9試合連続安打と2試合ぶり5度目のマルチを記録。投げては4回を5奪三振2四球、2安打1失点だった。文字通り投打での躍動に、米メディアもこぞって驚きとともに称賛の言葉を並べている。

 初回先頭の第1打席で、2018年サイ・ヤング賞左腕のスネルから中前打をマーク。5回1死には左中間フェンスに直撃する当たりを放った。オーバーランしたところでタッチアウトとなったが、オープン戦5度目のマルチ安打を記録。2打数2安打1四球でオープン戦は打率.636、OPS1.836に上げた。投球では初回1死三塁から遊ゴロの間に先取点を献上したものの、以降は得点を許さず。球団によると、渡米後最速の101.9マイル(約164.0キロ)を計測した。

 地元紙の「オレンジカウンティ・レジスター」は「エンゼルスの大谷翔平は投球と打撃を同日に行うという重大なテストを通過した」との見出しで報道。“リアル二刀流”での衝撃を「ショウヘイ・オオタニは二刀流選手として新たなレベルに入った。これはオオタニのセンセーショナルな春の新たなチャプターであり、エンゼルスファンに、野球ファン全体に、今季フルポテンシャルのオオタニがついに見られると信じる理由を与えた」と伝えた。

 MLB公式サイトでは「2つの任務を担ったオオタニが熱狂させた『彼はフリークだ』」との見出しで記事を掲載。「二刀流のスター、ショウヘイ・オオタニは、万全でありさえすればダイヤモンド上のどんなことでもできるのだと証明している」とあらためて投打両面でのレベルの高さに舌を巻いた。

 さらに、ロサンゼルス・タイムズ紙も「オオタニの最新の伝説のマイルストーンが開かれた」と言及。「ベースボールアメリカ」のカイル・グレイサー記者も自身のツイッターで「これはショウヘイ・オオタニが野球界で100年以上見ることがなかったようなアンビリーバブルな才能の持ち主であることを思い出させるものだ」と述べるなど、与えた衝撃の大きさは絶大だった。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY