野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武の山賊打線は復活するか? クリーンアップ盤石も課題は「1番」と「左翼」

リーグV奪回を目指す西武は、21日のヤクルト戦(メットライフ)で相手が繰り出す8投手に12安打を浴びせ、8-6で勝ちオープン戦最終戦を白星で飾った。果たして、持ち前の「山賊打線」は復活するか。

5回に2点適時打を放つ西武・山川穂高【写真:宮脇広久】
5回に2点適時打を放つ西武・山川穂高【写真:宮脇広久】

故障で出遅れた中村は復帰後三振を量産

■西武 8-6 ヤクルト(オープン戦・21日・メットライフ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 リーグV奪回を目指す西武は、21日のヤクルト戦(メットライフ)で相手が繰り出す8投手に12安打を浴びせ、8-6で勝ちオープン戦最終戦を白星で飾った。果たして、持ち前の「山賊打線」は復活するか。

 昨季は2年連続本塁打王の山川穂高内野手がシーズン打率.205、前年比19本減の24本塁打に終わり、2019年首位打者の森友哉捕手も.251と低迷。両主砲の不振がリーグ3連覇を逃す要因となった。今年のオープン戦では、この2人に復活の兆しが見えた。

 4番の山川はこの日、4回2死走者なしで相手先発の奥川から左翼フェンス直撃の二塁打。5回1死満塁では右腕・今野から中前2点適時打、6回2死満塁でも左腕・寺島から左前2点適時打を放ち、4打数3安打4打点と打棒を振るった。オープン戦は14試合に出場し、打率.306、3本塁打。3番の森は4打数2安打、20年目・37歳にして「5番・DH」を任された栗山巧外野手も3打数2安打2打点で、ともにオープン戦打率を.359とした。

 山川は「いよいよ来週から開幕ですので、ここからが本番」と思いを新たにし、森は「まずは打率3割。自分が正捕手だという気持ちで引っ張っていきたい」と目標を掲げた。栗山は「3、4番を頼もしく感じている。いい形で自分に打席が回ってくることが多いので、なんとか流れを切らないようにと思っている」。クリーンアップは盤石の態勢だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」