野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

リーグ最多登板記録持つリリーバーから頼れる先発へ… 西武平井の課題とは?

西武の辻発彦監督は21日、オープン戦最終戦のヤクルト戦(メットライフドーム)終了後、「最後の登板になって、先発投手陣がとりあえず少し見えてきたというか、落ち着いてきた。ホッとしています」と胸をなでおろした。

先発した西武・平井克典【写真:宮脇広久】
先発した西武・平井克典【写真:宮脇広久】

昨季右打者に対する被打率は.239、左打者には.293

■西武 8-6 ヤクルト(オープン戦・21日・メットライフ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の辻発彦監督は21日、オープン戦最終戦のヤクルト戦(メットライフ)終了後、「最後の登板になって、先発投手陣がとりあえず少し見えてきたというか、落ち着いてきた。ホッとしています」と胸をなでおろした。

 この日先発した平井克典投手は初回、いきなり4番・村上にバックスクリーンへ先制3ランを被弾。6回にも2点を奪われ、5回2/3、8安打5失点で降板したが指揮官は2~5回の4イニングを1安打無失点に抑えて試合を作った点を評価した。平井自身も「初回の入りと、逆転してもらった直後の回(6回)、ここが反省点です。絶対に点を与えてはいけないところでした」としつつ、「自分の生命線である真っすぐもスライダーも今日は良かったので、その点は満足しています」とうなずいた。

 平井は中継ぎとして2018年に64試合、2019年にはパ・リーグ最多記録の81試合に登板し、リーグ連覇に大きく貢献。昨季はローテの谷間の先発までこなした。プロ5年目の今季は29歳にして、自ら本格的に先発転向を直訴。実際にオープン戦で4回2安打無四球無失点(7日・ロッテ戦)、3回無安打1四球無失点(14日・オリックス戦)と結果を積み重ねた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」