「これはとんでもない」 大谷翔平の“急曲”スライダーに打者もヤケクソ空振り?

パドレス戦に登板したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
パドレス戦に登板したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

164キロのストレートの陰で…隠れた衝撃の1球に注目集まる

■パドレス 4-1 エンゼルス(オープン戦・日本時間22日・ピオリア)

 エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、アリゾナ州ピオリアで行われたパドレスとのオープン戦で「1番・投手」で先発出場した。“リアル二刀流”で、バットでは9試合連続安打と2試合ぶり5度目のマルチを記録。投げては4回を5奪三振2四球、2安打1失点だった。渡米後最速を計測した101.9マイル(約164.0キロ)のストレートもさることながら、驚くべきキレ味を見せたスライダーに対しても「この球をみてめちゃくちゃ興奮した。これはとんでもない」などと称賛の声が上がっている。

 隠れた衝撃の1球が飛び出したのは、2回の先頭ウィル・マイヤーズを空振り三振に仕留めた場面。87マイル(約140キロ)のスライダーは、外角低めにピタリと制球され捕手がミットを構えた場所に吸い込まれていった。「ピッチング・ニンジャ」の愛称で支持される野球研究家ロブ・フリードマン氏は自身のツイッターで動画を公開。「ショウヘイ・オオタニ、吐き気がするほどの87マイルのスライダー」との言葉を添えた。

 抜群の変化球に、ファンも続々と反応。「狙ったところに完璧に投げている!」「(バットとボールが)2フィート(約61センチ)は離れているな」「全くもってえげつない」「キャッチャーミットが全く動かない。本当に無慈悲な球だ」などとコメントが寄せられていた。

【動画】ミット微動だにしない大谷の“無慈悲な”スライダー

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY