今季は豊作? 佐藤輝は出色の活躍、広島トリオは期待大、OP戦で光ったルーキーは…

広島・栗林良吏、阪神・佐藤輝明、広島・大道温貴(左から)【写真:荒川祐史】
広島・栗林良吏、阪神・佐藤輝明、広島・大道温貴(左から)【写真:荒川祐史】

今年のオープン戦では12球団で35人の新人が出場機会を掴む

 いよいよペナントレースの開幕が目前に迫ってきた。3月21日に終わったオープン戦は、主力選手にとって調整の場となると同時に、若い選手たちにとっては開幕1軍の座を争う舞台となる。ルーキーたちにとっては初めてのオープン戦。今年は35人の新人たちがオープン戦を経験し、結果を残せた者、プロの厳しさを味わった者と結果は様々だった。

 中でも大きな衝撃を残したのは、阪神の佐藤輝明内野手だ。本塁打を量産し、オープン戦6本塁打は12球団で最多。新人では長嶋茂雄氏以来となるオープン戦本塁打王に輝き、打率も.302をマークした。開幕スタメンは確実で、ペナントレースでも大きな注目を集めることだろう。

 ここでは、オープン戦に出場した各球団のルーキーをチェックしてみよう。

・ソフトバンク
新人のOP戦出場なし

・ロッテ
1位・鈴木昭汰投手
2試合0勝1敗0セーブ 9回7奪三振 2.00
3位・小川龍成内野手
12試合21打数5安打0本塁打0打点 5盗塁 .238
4位・河村説人投手
5試合0勝1敗1セーブ 5.2回5奪三振 7.94

・西武
1位・渡部健人内野手
2試合4打数0安打0本塁打0打点 0盗塁 .000
4位・若林楽人外野手
14試合32打数5安打1本塁打4打点 1盗塁 .156
6位・ブランドン内野手
13試合27打数7安打2本塁打6打点 0盗塁 .259

・楽天
1位・早川隆久投手
3試合0勝2敗1セーブ 12.2回13奪三振 5.68
2位・高田孝一投手
1試合1勝0敗0セーブ 1回1奪三振 0.00
4位・内間拓馬投手
3試合0勝0敗1セーブ 3回3奪三振 6.00

・日本ハム
1位・伊藤大海投手
2試合1勝1敗0セーブ 11回9奪三振 2.45
3位・古川裕大捕手
2試合3打数0安打0本塁打0打点 0盗塁 .000
4位・細川凌平外野手
2試合2打数0安打0本塁打0打点 0盗塁 .000
6位・今川優馬外野手
2試合4打数1安打0本塁打0打点 0盗塁 .250

・オリックス
2位・元謙太外野手
1試合1打数1安打0本塁打0打点 0盗塁 1.000
3位・来田涼斗外野手
1試合1打数0安打0本塁打0打点 0盗塁 .000
4位・中川颯投手
2試合0勝0敗0セーブ 4回2奪三振 0.00
6位・阿部翔太投手
6試合0勝1敗0セーブ 6.2回8奪三振 5.40

 昨年の日本一ソフトバンクはルーキーのオープン戦出場はなし。その他のパ・リーグ5球団は全てルーキーがオープン出場している。

 ロッテの鈴木昭は2試合に先発して防御率2.00と好投し、開幕ローテ入りを掴んだ。また、小川龍は12球団トップの5盗塁をマーク。西武のブランドンは2本塁打とパンチ力を発揮し、開幕1軍入りをアピールした。

 楽天の早川は3試合で防御率5.68とプロの洗礼を浴びることになったが、開幕ローテ入りを掴んでいる。この経験を生かし、シーズンでの活躍に期待したい。日本ハムの伊藤も開幕ローテ入りが決まっており、パ・リーグでは3人の新人投手が開幕ローテ入りする。

広島は栗林がクローザーを務め、森浦と大道も勝ちパターン入りの可能性

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY