大会No.1投手をどう攻める? 県岐阜商率いる名将が授ける市和歌山・小園の“攻略法“は…

大会4日目、第1試合は名将・鍛治舎巧監督率いる県岐阜商と注目の右腕・小園健太擁する市和歌山が対戦
大会4日目、第1試合は名将・鍛治舎巧監督率いる県岐阜商と注目の右腕・小園健太擁する市和歌山が対戦

最速152キロ右腕との対戦、鍛治舎巧監督「予想していました」

 第93回選抜高校野球の第4日を迎えた23日、大会No.1投手との呼び声が高い小園健太投手を擁する市和歌山が第1試合で登場する。最速152キロのプロ注目右腕は攻略できるのか――。対戦する県岐商の名将・鍛治舎巧監督は、抜かりない準備に自信を見せている。

 相手にとって不足なし。昨秋の近畿大会では2試合に先発して18回1失点と抜群の投球を見せた小園。152キロの威力あるストレートに、カットボールやツーシームなど変化球の制球もよく、高校No.1の評もある。「初戦で当たるんじゃないかと予想していましたけどね、当たりましたわ」。決戦を前に、鍛治舎監督は豪快に笑った。

 熊本・秀岳館を3季連続でベスト4に導き、2018年から母校に戻ってきたアマチュア野球界の重鎮。昨春の選抜がコロナ禍で中止となり、ナインに向け涙を流した熱血漢の頭脳には、初戦突破の青写真がしっかり描けているように見える。

 150キロを超える速球への対応はすでにできている。日ごろから本塁ベースをマウンド方向に2メートル近づけて練習。「通常の距離と比べて、体感は15キロくらい速いですかね」。必ず部員がスピードガンを構え、逐一球速を読み上げる。「133!」。打者にとっては、148キロほどということか。振り遅れることなく、力強い打球を外野に飛ばす。

こちらもプロ注目の主将・高木捕手「見極めが大事に」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY