澤村拓一「慣れなきゃと気持ちが空回りしてた」 OP戦初の無失点救援で心境

レッドソックス・澤村拓一【写真:Getty Images】
レッドソックス・澤村拓一【写真:Getty Images】

レイズ戦で1回1安打無失点「もっともっと良くなった状態を続けられるように」

■Rソックス 10-4 レイズ(オープン戦・日本時間23日・ポートシャーロット)

 レッドソックスの澤村拓一投手が22日(日本時間23日)、フロリダ州ポートシャーロットでのレイズとのオープン戦で3度目のリリーフ登板。5回からマウンドに上がり、1回1安打無失点1四球1奪三振と好投した。防御率7.71となった。

 先頭・アロザレーナの左翼線二塁打でピンチを招いたものの、メドーズを二飛、ディアスを投ゴロ。ブロッソーを歩かせたものの、ローは空振り三振に仕留めた。オープン戦初の無失点。「日々、自分のやっていることは変わらない。今日は特に結果どうこうではなくて、自分の意識しているボール、意図しているボールが前回よりも確率高く投げられたかなと思います。もっともっと良くなるように努力するし、もっともっと良くなった状態を続けられるように献身的に頑張りたい」と振り返った。

「10日ちょっとぐらいキャンプに遅れて合流したので、自分の中で焦っていたと思います。慣れなきゃ慣れなきゃと気持ちが空回りしていた」と振り返ったが、少しずつ慣れてきているようだ。「マウンドの硬さとかボールもそうだけど、やっぱり一番はコミュニケーション。もっとコミュニケーションをとって、野球のことも話していけたらもっと自分自身の視野も広がると思う」と前を向いていた。

【動画】ローから空振り三振を奪った澤村

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY