野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹の対抗馬は? Aクラス“残り1枠”は激戦…プロ21年の元捕手がパ順位予想

コロナ禍でのプロ野球のペナントレースが、26日に開幕する。無観客でのスタートとなった昨季と違い、入場制限があるとはいえ、ファンの前でプレーすることはできる。パ・リーグは、4年連続日本一の王者・ソフトバンク中心の戦いになるのは容易に予想できる。現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で捕手として21年間活躍した野球評論家、野口寿浩氏がシーズンを展望。ソフトバンクに加え、田中将大投手が8年ぶりに復帰した楽天の「2強」の展開を予想する。

オリックス・太田椋、ソフトバンクのグラシアル、楽天・田中将大【写真:荒川祐史、藤浦一都】
オリックス・太田椋、ソフトバンクのグラシアル、楽天・田中将大【写真:荒川祐史、藤浦一都】

ヤクルトなどで捕手として通算21年間活躍した野口寿浩氏がズバリ!

 コロナ禍でのプロ野球のペナントレースが、26日に開幕する。無観客でのスタートとなった昨季と違い、入場制限があるとはいえ、ファンの前でプレーすることはできる。パ・リーグは、4年連続日本一の王者・ソフトバンク中心の戦いになるのは容易に予想できる。現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で捕手として21年間活躍した野球評論家、野口寿浩氏がシーズンを展望。ソフトバンクに加え、田中将大投手が8年ぶりに復帰した楽天の「2強」の展開を予想する。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

1位 ソフトバンク
2位 楽天
3位 ロッテ
4位 オリックス
5位 西武
6位 日本ハム

 ソフトバンクは、エースの千賀滉大投手が両ふくらはぎのコンディション不良、東浜巨投手も昨年末に新型コロナウイルスに感染した影響による調整遅れで開幕に間に合わない。それでも野口氏は「千賀は実戦で投げ始め、東浜も調子を上げているようなので、復帰までにそれほど時間がかからないと思います」と分析。「厚い選手層の中から、『誰だ、これは!?』と言いたくなるような選手を含め、毎年新しい選手が台頭してくるのがこのチームの強み」と付け加える。さらに、コロナ禍で外国人選手の来日のメドが立っていないチームが多い中で、ジュリスベル・グラシアル内野手とアルフレド・デスパイネ外野手の両主砲が健在。「そこが非常に大きい」と、連覇の可能性が高いと見る。

 対抗馬に挙げる楽天は、田中将、涌井秀章、岸孝之、則本昂大、ドラフト1位ルーキーの早川隆久が強力な先発投手5本柱を形成。昨季先発に回っていた松井裕樹投手が、実績のある守護神の座に戻る。「松井が最多セーブに輝いた一昨年のような絶対的な働きをすれば、チームも昨季のようにシーズン後半に失速することはなくなる」。ソフトバンクとの激しい競り合いを展開しそうだが、「野手はレギュラーと控え選手の差が大きく、ケガ人が出るとガクンと戦力ダウンしてしまう。そこがソフトバンクとの差」と言う。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」