「あの変化ときたら!」ベース2個分も曲がった不自然な“横滑り”スライダー

パイレーツのカイル・クリック【写真:Getty Images】
パイレーツのカイル・クリック【写真:Getty Images】

レイズ右腕チャズ・ローに匹敵するほどの切れ味

■パイレーツ 1-0 ツインズ(オープン戦・日本時間24日・ブレーデントン)

 ベース2個分の曲がり幅……。パイレーツは23日(日本時間24日)のツインズとのオープン戦で、3安打無失点に抑えた投手陣の活躍で勝利を手にした。球団公式ツイッターが無失点リレーを演じた投手陣の投球動画を公開すると、カイル・クリック投手の究極の横滑りスライダーが注目を浴びた。

 5番手で7回に登場したクリックが、先頭の2番・ガーバーと対戦した場面だった(動画24秒~)。フルカウントから6球目に投じたスライダーはホームベース手前で横滑りし、ガーバーの空振りを誘った。そして続く打者を四球で出し4番・サノと対戦した場面では、ホームベース2個分は変化している桁違いの曲がり幅で空振りを誘った。

 あまりにも不自然な曲がり方をするクリックのスライダー。この映像を見たファンは「パイレーツのブルペンはめっちゃ良いかもしれない」「吐き気がする」「確かにえげつない」「あの変化ときたら!」と驚くばかりだった。NPBで横滑りのスライダーと言えば、中日で活躍し、歴代最多407セーブを誇る岩瀬仁紀氏らが有名だが、それにも勝るとも劣らない切れ味だった。

【動画】ベース2個分は曲がる“横滑り”スライダー

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY