野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

最下位は「外国人不在が大きすぎます…」 日米通算234セーブ右腕がセを占う

26日に開幕するプロ野球。開幕直前企画の順位予想、今回はセ・リーグ編となる。リーグ3連覇がかかる巨人の前評判がやはり高いが、ロッテ、米大リーグ・インディアンスなどで日米通算234セーブを挙げた小林雅英氏はどう見ているのか。

中日のビシエド、DeNAのソト、ヤクルト・内川聖一(左から)【写真:荒川祐史】
中日のビシエド、DeNAのソト、ヤクルト・内川聖一(左から)【写真:荒川祐史】

巨人は戦力にマイナス面なし、阪神は投手力が充実

 26日に開幕するプロ野球。開幕直前企画の順位予想、今回はセ・リーグ編となる。リーグ3連覇がかかる巨人の前評判がやはり高いが、ロッテ、米大リーグ・インディアンスなどで日米通算234セーブを挙げた小林雅英氏はどう見ているのか。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

1位 巨人
2位 阪神
3位 中日
4位 広島
5位 ヤクルト
6位 DeNA

「ジャイアンツが1位だとつまらないですよね」と悩んだが、やはり小林氏の予想も優勝は巨人。菅野がメジャー移籍を断念して残留し、FAで井納、梶谷と投打で主力級の選手を獲得するなど、戦力的にマイナス面が少ないことを評価した。

「菅野のモチベーションの低下を指摘する声もありますが、影響はないと思います。彼の場合は、行けなかったわけではなく、選択肢として残留がベストだったということなので、問題はないはず。逆に結果を残せなかった時の方がいろいろと言われる可能性もあるので、より頑張るということも考えられます。梶谷は環境が変わった中で、いかに今まで通りの自分の野球ができるか。レギュラーの座も決して安泰というわけはないので、ベンチスタートになってもモチベーションを保てるかが重要になると思います」

 昨年はぶっちぎりのリーグ優勝だったが、今年はそうはいかないはず、と小林氏は加える。「セの他球団の情勢を見ると、昨年ほど抜けているという感じではないですね。井納が加入したとはいえ、先発ローテの6人の名前がすぐに挙がるかと言えば、意外にそうでもない。本来はセットアッパーが適任と思える中川が抑えに回ったのもチーム事情によるもので、見方を変えると駒不足という不安もあります」

 対抗は阪神。逆転の可能性も十分にある2位予想だと言う。「開幕投手に指名された藤浪の表情と投げっぷりが昨年とは全然違います。今年はマウンド上で首をひねる仕草も見られなくなったし、とにかく堂々と投げている。開幕戦でしっかり結果を出せば、本人もチームもいい波に乗れるのではないでしょうか」と近年不振にあえいでいた右腕が復活すると予測する。

 さらにはチェンの加入も大きいという。「中日にいた時のような圧倒的な投球はできないかもしれませんが、昨年もロッテで勝ち星はつかなくてもゲームを作る能力が高いことを示しました。もともと巨人よりも先発の頭数が残っているところにこの2人が機能すれば、スアレスを中心としたリリーフ陣も含めて、リーグ屈指の投手陣になると思います。新人の佐藤輝も本人の成績だけでなく、周囲の選手にもいい刺激になるはずだし、今年は巨人と阪神の優勝争いが見られるかもしれませんね」。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」