野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将加入の楽天は「勝っておかないと…」 日米通算234セーブ右腕がパを占う

プロ野球は26日に開幕を迎える。観客数の制限や試合開始時間の変更など、新型コロナウイルスの影響はまだ残るが、今年は当初の予定通りの開幕となる。ここでは、開幕直前企画としてロッテ、米大リーグ・インディアンスなどで日米通算234セーブを挙げ、今季から社会人野球エイジェック投手総合コーチを務める小林雅英氏にパ・リーグの順位予想をしてもらった。

楽天・岸孝之、田中将大、涌井秀章(左から)【写真:荒川祐史】
楽天・岸孝之、田中将大、涌井秀章(左から)【写真:荒川祐史】

投手力の楽天と選手層のソフトバンクが優勝を争うと予想

 プロ野球は26日に開幕を迎える。観客数の制限や試合開始時間の変更など、新型コロナウイルスの影響はまだ残るが、今年は当初の予定通りの開幕となる。ここでは、開幕直前企画としてロッテ、米大リーグ・インディアンスなどで日米通算234セーブを挙げ、今季から社会人野球エイジェック投手総合コーチを務める小林雅英氏にパ・リーグの順位予想をしてもらった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

1位 楽天
2位 ソフトバンク
3位 西武
4位 ロッテ
5位 オリックス
6位 日本ハム

 昨年は3年ぶりのリーグ優勝を果たし、4年連続日本一に輝いたソフトバンクの力を認めつつ、小林氏は「希望も含めて」と、楽天を1位に推した。「田中将の復帰で涌井、岸、則本昂と先発が揃いました。このメンバーがいるうちに勝っておかないと、次のチャンスがいつ来るのかという感じがします。この4人の右投手に、ルーキー早川ら左腕がどう絡んでくるか。これまで先発陣を支えてきた則本昂も3人の存在でプレッシャーや責任感が軽減するはず。松井が抑えに戻ったのも大きなプラスになるでしょう。野手は各ポジションでいい争いをしてレベルアップしています。あとは石井新監督がどんな采配をするか、楽しみは多いですね」

 2位のソフトバンクは「磐石と言えば磐石」と高評価だが、不安もあると指摘する。「抑えの森やモイネロら、リリーフ陣に勤続疲労が出始める頃かなと思います。先発ではムーアが抜け、千賀や東浜らが開幕に間に合わなかった。開幕ローテが本来の布陣ではないというところが、他チームにとっては付け入る隙があるとも言えるでしょう」

 とはいえ、他を寄せ付けない選手層の厚さは何よりの強み。「誰かが抜けても代わりの選手が次々と出てくるチーム。先発に戻った高橋礼は本来のポジションだと思います。あとは武田がどういう働きをするか。とにかく野手も含めて、ベストメンバーが揃うまでに、他球団がどれだけソフトバンクを叩くことができるかが、ペナントレースの行方を左右することになると思います」。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」