ロッテ、鳥谷敬が「7番・遊撃」で5年ぶり開幕スタメン 鷹は柳田が「3番・中堅」

試合前にソフトバンク・和田毅(右)と会話するロッテ・鳥谷敬【写真:福谷佑介】
試合前にソフトバンク・和田毅(右)と会話するロッテ・鳥谷敬【写真:福谷佑介】

ソフトバンクの先発は石川、ロッテは二木

■ソフトバンク – ロッテ(26日・PayPayドーム)

 ソフトバンクとロッテは26日、ソフトバンクの本拠地PayPayドームで2021年シーズンの開幕戦を戦う。試合開始に先立ってスタメンが発表され、ロッテの鳥谷敬内野手が「7番・遊撃」で出場する。

 試合前に発表されたスタメン。ベテランの鳥谷は「7番・遊撃」でラインナップに名を連ねた。鳥谷のショートでの開幕スタメンは阪神時代の2016年以来、5年ぶりとなる。開幕投手は二木康太投手に託された。

 ホームのソフトバンクは主砲の柳田悠岐外野手が「3番・中堅」に。上位打線は1番に周東佑京内野手、2番に今宮健太内野手が入る。開幕投手のマウンドには石川柊太投手が上がる。

ソフトバンク
1(二)周東
2(遊)今宮
3(中)柳田
4(左)グラシアル
5(一)中村晃
6(指)デスパイネ
7(右)栗原
8(三)松田
9(捕)甲斐
(投)石川

ロッテ
1(左)荻野
2(一)菅野
3(右)マーティン
4(三)安田
5(指)山口
6(二)中村奨
7(遊)鳥谷
8(捕)田村
9(中)藤原
(投)二木

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY