野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武辻監督が開幕投手・高橋光に見せた“親心” 「普通の流れなら8回の頭から…」

西武の高橋光成投手は26日、本拠地メットライフドームで行われたオリックス戦で自身初の開幕投手を務め、8回途中7安打3失点で白星を飾った。プロ7年目にして、今季は真のエースとなれるかどうかの分岐点になるかもしれない。あえて8回続投を命じたところに、辻発彦監督の“親心”がのぞいた。

8回途中3失点で勝利投手となった西武・高橋光成【写真:宮脇広久】
8回途中3失点で勝利投手となった西武・高橋光成【写真:宮脇広久】

8回途中3失点で初の開幕投手を白星で飾った

■西武 4-3 オリックス(26日・メットライフ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の高橋光成投手は26日、本拠地メットライフドームで行われたオリックス戦で自身初の開幕投手を務め、8回途中7安打3失点で白星を飾った。プロ7年目にして、今季は真のエースとなれるかどうかの分岐点になるかもしれない。あえて8回続投を命じたところに、辻発彦監督の“親心”がのぞいた。

 7回終了時点で、4-2でリード。先発の高橋の失点はソロ本塁打2発による2点だけだったが、投球数は98に達していた。開幕戦独特の雰囲気、疲労を考えれば、8回の頭から最速160キロ右腕・平良海馬、9回には守護神・増田達至を投入し逃げ切るのが定石だっただろう。ところが、辻監督は8回も高橋を続投させた。案の定、高橋は先頭の紅林、1死後に太田にそれぞれシングルヒットを許し、一、二塁の1発逆転の状況で、前打席でソロを放っていた吉田正を迎えるに至り、ついに平良の救援を仰いだ。

 さらに平良は暴投で走者を二、三塁に進め、吉田正の遊ゴロの間に1点を許して1点差に詰め寄られたものの、なんとか後続を断った。9回に登場した増田も、先頭のジョーンズに中前打を許したが、無失点でしのぎ切った。

 辻監督は「普通の流れなら、8回の頭から(平良で)行くところ」であったことは百も承知。それでも「開幕戦だし、球数も少なかったから、(高橋)光成に任せました」と説明した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」