「今年も意味不明弾は健在」詰まってもスタンド一直線…鷹柳田のロケットランチャー

今季初本塁打を放ったソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】
今季初本塁打を放ったソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】

OP戦でアーチなしも「きっちり開幕に合わせて来るギータなんなの」

■ソフトバンク 8-2 ロッテ(26日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が、26日に行われた本拠地PayPayドームでのロッテとの開幕戦で、2021年初となる本塁打を放った。多少詰まった打球でも、ライナーでテラス席を越えて悠々スタンドインさせる衝撃の弾道に、「何回見ても打った感じがライトフライにしか見えん」「柳田は今年も柳田か」などと驚きの声が上がった。

 2点リードで迎えた6回無死一塁。1ボールからロッテ先発の二木が投じた2球目のスライダーをフルスイングで捉えた。打球はやや詰まり気味だったが、あっという間に右中間スタンドへと消えた。両アキレス腱のコンディション不良でキャンプをB組で過ごし、オープン戦でも本塁打は放っていなかったが、開幕戦にきっちり合わせてきた。

 いきなり飛び出した衝撃の一発を「パーソル パ・リーグTV」の公式ツイッターが動画を投稿。公式YouTubeチャンネルでも「【ギータ!!】柳田悠岐の今季1号は『ロケットランチャー弾』」と題して公開した。今シーズンも“変態弾”量産を期待するファンからは「エグすぎて草」「このお方やっぱり打つのね」「きっちり開幕に合わせて来るギータなんなの」「今年も意味不明弾は健在」などとコメントが寄せられていた。

【動画】出ました柳田のロケットランチャー弾

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY