オリックス開幕10連敗で見えた若手の育成 大型内野手コンビには我慢が必要?

試合終了後のオリックスベンチの様子【写真:宮脇広久】
試合終了後のオリックスベンチの様子【写真:宮脇広久】

先発の山本は責任を背負う「その後に僕が抑えられればよかった」

■西武 4-3 オリックス(26日・メットライフ)

 オリックスは26日、敵地メットライフドームで行われた西武との開幕戦に3-4で惜敗し、開幕戦は2011年の引き分けを挟み、パ・リーグワースト記録を更新する10連敗となった。阪神が1991年から2001年にかけて喫した日本ワーストの開幕戦11連敗にリーチをかけた格好だ。

 昨季のパ・リーグ奪三振王で自身初の開幕投手を務めた山本由伸投手は、7回6安打4失点だったが、自責点は3回の森のソロによる1点のみ。その他の3点は味方のエラー絡みだった。

 1回1死二塁では、森の詰まったニゴロに二塁手・太田椋がバウンドを合わせ損ね後逸。チームの今季初失点をタイムリーエラーで献上した。3回、森に1発を浴びた直後にも、山川の遊ゴロを遊撃手・紅林弘太郎がファンブルし、出塁を許したのをきっかけに失点した。さらにいえば、2回先頭の中村が放ち左前へ抜けていったヒットも、当たりは痛烈だったが、遊撃正面のコースで、山本には気の毒だった。

 山本は「開幕戦ということで、雰囲気が多少違いました。野手もこんなに緊張することはあまりないと思う」と語り、「難しいバウンドだったりしたので、仕方のないプレーだったと思う。その後に僕が抑えられればよかった」と責任を背負った。

2年連続最下位&6年連続Bクラスも太田、紅林の大型内野手コンビが台頭

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY