鷹・高橋礼、9四死球の大荒れ投球… でも2安打2失点で踏ん張る

ソフトバンク・高橋礼【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・高橋礼【写真:藤浦一都】

初回に4四死球を与えて押し出しで先制点を与える

■ソフトバンク – ロッテ(27日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの高橋礼投手が7回途中まで投げて9四死球を与える大乱調でマウンドを降りた。27日に本拠地PayPayドームで行われたロッテ戦。初回にいきなり2つの死球を含む4四死球で先制点を与え、降板するまでに9つの四死球を与えた。

 初回先頭の荻野に死球を与えると、2死を奪ってから安田にも死球。さらに菅野、中村奨に連続四球を与えて押し出しで1点を失った。なおも満塁のピンチだったが、鳥谷の三遊間の痛烈なゴロを今宮がダイビングキャッチ。懸命の一塁送球で間一髪でアウトにする超絶美技を見せて、更なる失点を免れた。

 だが、2回以降もサブマリン右腕の制球はなかなか定まらず。4回まで毎回四球を与えて走者を背負いながら何とか粘っていたが、5回には荻野の二塁打、マーティンの適時打で2点目を失った。6回にも2つの四球を与えた高橋礼。7回1死を奪ったところで降板隣、2安打9四死球と大荒れ。それでも2失点に止める投球となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY