「このえぐい音と飛距離よっ!!」 もはや戦慄…阪神ドラ1佐藤輝の衝撃特大1号

阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】
阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】

特大1号の動画は3時間足らずで1.5万いいね「あかん。ほんまに優勝してまう」

■阪神 9-5 ヤクルト(27日・神宮)

 阪神のドラフト1位ルーキー佐藤輝明内野手が27日、ヤクルトとの開幕2戦目(神宮)でプロ初安打を特大の本塁打で飾った。前夜の開幕戦は初打点となる犠飛を放ったもののノーヒット。初回の第1打席放ったバックスクリーン直撃のプロ1号に「あかん。ほんまに優勝してまう。どこまで飛ばすねん」「えぐい、これは阪神の救世主になる」と列島に衝撃を呼んだ。

 開幕戦に続き「6番・右翼」でスタメン出場した佐藤輝。2点を先制してなおも2死三塁の場面で、巨人から移籍してきたヤクルト先発・田口のスライダーをジャストミート。打った瞬間それと分かる特大の当たりはバックスクリーン上段に直撃する初弾となった。

 敵地を大きなどよめきに包んだ一発を「DAZN」が公式ツイッターで動画を投稿。ファンからは「エグイ飛距離。全然軸がブレないし失投は逃さない」「まじでバケモンや佐藤君」「新人王おめでとうでいいやろもう」「プロ1号がバックスクリーンか。すげー」「もうほんとに意味わからん 打球音がエグい」「すごいとかそういう次元じゃねぇ」「えげつい。。震えるわ。。笑」「このえぐい音と飛距離よっ!!」と驚きのコメントを寄せていた。その投稿は3時間足らずで1万5000超のいいねが寄せられている。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY