「球威が化物」「サイドで…」鷹津森、窮地救ったバットへし折る“魂の151キロ”

ソフトバンク・津森宥紀【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・津森宥紀【写真:藤浦一都】

開幕2連勝を飾ったソフトバンク、8回2死満塁で登板した津森はピンチを切り抜ける

■ソフトバンク 3-2 ロッテ(27日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは27日のロッテ戦(PayPayドーム)で劇的なサヨナラ勝ちで開幕2連勝を飾った。この日のヒーローは攻守に渡りチームを引っ張った今宮健太内野手だが、8回に絶対絶命のピンチを救った右腕の活躍も見逃せなかった。剛速球で打者をねじ伏せた姿にファンも「影のMVP」「サイドで150以上はエグイ」と驚きの声を上げていた。

 投手陣が計12与四死球を与える乱戦の中で輝きを見せたのは1点ビハインドの8回2死満塁の場面でリリーフした津森宥紀投手だった。オール直球の3球勝負で最後は151キロで荻野のバットをへし折り二飛に仕留めた。その後、打線が同点に追いつき9回には今宮のサヨナラ打が生まれた。

 サイドスローから150キロを超える剛速球を披露した津森を「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeも「【逆満塁男!?】津森宥紀 絶体絶命ピンチも『ストレート3球』で制圧」とのタイトルで動画を公開。これにはファンも「影のMVP」「サイドで150以上はエグイ」「球威がどんどん上がっていく」「チームを救った3球」「球威が化物」と賛辞を送っていた。

【動画】サイドから151キロでバットをへし折った津森の剛速球

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY