鷹・柳田、痛烈な右前打のはずが… ロッテの大胆“ギータシフト”で二ゴロに

ほぼ右翼で捕球するロッテ・中村奨吾【画像:パーソル パ・リーグTV】
ほぼ右翼で捕球するロッテ・中村奨吾【画像:パーソル パ・リーグTV】

初回2死で柳田が放った打球は一、二塁間を襲う痛烈なゴロになったが…

■ソフトバンク 6-5 ロッテ(28日・PayPayドーム)

 ロッテが大胆な“ギータシフト”を成功させた。28日にPayPayドームで行われたソフトバンク戦。初回に柳田悠岐外野手を大胆な守備隊形でニゴロに打ち取った。

 初回2死走者なしの場面で、先発のルーキー鈴木が打席に柳田を迎えた。ホークスの主砲が放った打球は痛烈なゴロとなって、一、二塁間を襲った。だが、ほぼ右翼のような位置に二塁手の中村奨の姿が。ロッテ守備陣が三塁線を大きく空けて、右翼側に寄る守備シフト。柳田の打球は中村奨の正面を突き、悠々とアウトにした。

 試合はロッテが8回にデスパイネの2ランで逆転されるも、9回に菅野の右越え2点本塁打で再逆転。しかし、その裏に川島に劇的な逆転サヨナラ打を浴び、痛恨の開幕3連敗となった。

【動画】柳田の痛烈な打球を二ゴロに変えたロッテの“ギータシフト”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY