鷹、2試合連続サヨナラで開幕3連勝! 9回に逆転許すも、川島が劇的一打

ソフトバンク・川島慶三【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・川島慶三【写真:藤浦一都】

8回には柳田の執念ヘッドスライディングからデスパイネが逆転2ラン

■ソフトバンク 6-5 ロッテ(28日・PayPayドーム)

 ソフトバンクが2試合連続サヨナラ勝ちで開幕3連勝を飾った。28日に本拠地PayPayドームで行われたロッテ戦。1点ビハインドの8回にデスパイネが逆転の1号2ランを放って逆転。9回に逆転を許したものの、その裏に川島が劇的な逆転サヨナラ打を放って開幕から3連勝とした。

 2回に栗原の1号2ランで先制したソフトバンク。だが、先発の和田が踏ん張りきれなかった。序盤から快調に飛ばしていたが、4回に早大の後輩・中村奨にソロを被弾。6回に安田の適時打で同点とされると、7回には2死から松田の失策で走者を背負い、藤岡に勝ち越しの適時二塁打を許した。

 だが、ここで負けないのがソフトバンク。8回、先頭の柳田が右前へのヒットを放つ。右翼の岡の処理がわずかに遅れたのを見逃さず、一気に二塁へ。執念のヘッドスライディングで二塁を陥れた。これが呼び水となったか、2死三塁でデスパイネが左翼スタンドへと突き刺す劇的な逆転2ランを放った。

 9回にマウンドに上がった岩嵜が代打・菅野に逆転2ランを許したものの、その裏に代打・長谷川が右前安打で出塁。今宮の左翼線への二塁打、柳田の申告敬遠で2死満塁とすると、最後は代打・川島が右翼線へのサヨナラ適時打を放って劇的なサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

【動画】川島の劇的サヨナラ打

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY