DeNA平良拳太郎、古巣・巨人相手に5回まで完全も…6回先頭に二塁打浴びて降板

巨人戦に先発したDeNA・平良拳太郎(中央)【写真:編集部】
巨人戦に先発したDeNA・平良拳太郎(中央)【写真:編集部】

ルーキー・牧が初回に先制タイムリー

■巨人 – DeNA(28日・東京ドーム)

 DeNAの平良拳太郎投手が28日、巨人との開幕3戦目(東京ドーム)に先発し、5回まで完全投球の快投を見せた。6回先頭の大城に中堅への二塁打を許したところで降板したが、前日に10得点を挙げた古巣相手に中盤まで手を出させなかった。打線は初回にルーキー・牧がタイムリーを放ち先制した。

 平良は初回、梶谷と吉川を二ゴロに仕留めると、坂本は右飛に打ち取って3者凡退に。さらに2回先頭の岡本も二ゴロに抑えるなど3人で斬り、アウトの山を築いていった。迎えた6回、先頭の大城に二塁打を浴びたところでベンチへ。そのまま降板となった。5回0/3で計59球、1安打3奪三振だった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY