野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「ピッチャー投げるとこないやん」 厳しいコースなのに…西武森の天性“肘抜き弾”

西武の森友哉捕手が28日、オリックス戦(メットライフドーム)に「3番・捕手」でスタメン出場。初回の第1打席で先制の2号2ランを放った。開幕戦では山本、そしてこの日は山岡とWエースから放った一発にファンも「そのコース捌けるの天才」と驚きの声を上げている。

西武・森友哉【写真:荒川祐史】
西武・森友哉【写真:荒川祐史】

初回の第1打席でオリックス山岡から右翼席へ2号2ラン

■西武 5-1 オリックス(28日・メットライフ)

【動画】天才的な“肘抜き”で圧巻アーチ 森の2号2ラン

 西武の森友哉捕手が28日、オリックス戦(メットライフドーム)に「3番・捕手」でスタメン出場。初回の第1打席で先制の2号2ランを放った。開幕戦では山本、そしてこの日は山岡とWエースから放った一発にファンも「そのコース捌けるの天才」と驚きの声を上げている。

 森は初回1死二塁で迎えた第1打席で山岡が投じた145キロの内角直球を完璧に捉えた。打球は一直線で右翼席へ飛び込む2号2ランとなり「インコース高め、うまく打つことができました。平井さんを援護できてよかったです」と語った。

 開幕戦でも山本の内角カットボールを右翼席へ運んでいる。「DAZN」公式ツイッターも森が放った完璧な一発を動画で公開。これにはファンも「そのコース捌けるの天才」「肘の抜き方天才」「この飛距離おかしい」「どうやって打つの?」「何回見ても天才」と多くのコメントが寄せられていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」