「松田と岩嵜を助けたのは僕です」鷹・川島、劇的サヨナラ打で爆笑お立ち台

お立ち台に上がったソフトバンク・川島慶三【画像:パーソル パ・リーグTV】
お立ち台に上がったソフトバンク・川島慶三【画像:パーソル パ・リーグTV】

今季初打席で劇的なサヨナラ打「なんとかしたいと」

■ソフトバンク 6-5 ロッテ(28日・PayPayドーム)

 ソフトバンクが2試合連続サヨナラ勝ちで開幕3連勝を飾った。28日に本拠地PayPayドームで行われたロッテ戦。1点ビハインドの8回にデスパイネが逆転の1号2ランを放って逆転。9回に逆転を許したものの、その裏に川島慶三内野手が劇的な逆転サヨナラ打を放って開幕から3連勝とした。

 2点を先行したソフトバンクだったが、先発の和田が同点に追いつかれると、7回には2死から松田の失策を皮切りに逆転を許した。8回にデスパイネの2ランで試合をひっくり返したものの、9回にマウンドに上がった岩嵜が菅野に逆転の2ランを許した。

 敗色濃厚の中でもホークスナインは諦めない。9回先頭の松田は空振り三振に倒れたものの、代打の長谷川が右前安打。2死となってから今宮が左翼線への二塁打で続くと、柳田は申告敬遠で満塁となった。ここで代打に川島が送られた。追い込まれながらも、ロッテの守護神・益田から右翼線へと運び、2人のランナーが生還。この打席が今季初打席。その打席で放った見事なサヨナラ打となった。

 本拠地に歓喜の瞬間をもたらした川島はお立ち台でもファンを喜ばせた。代打として送られた場面を振り返り「柳田さんは軽く四球ですよね。誰でもわかってます。そこで、首脳陣の方々に慶三打ってきてくれと言われたので打ちました。とりあえずバットに当てて事を起こして、内野安打でもいいからなんとかしたいという気持ちでした」と語った。

 さらには失策を犯し、バットも湿っている同い年の松田と、逆転弾を被弾した岩嵜を敢えてイジる場面も。劇的一打の後にベンチで岩嵜と熱くハグも交わしていた川島は「ちょっと怪しい雰囲気で、マッチのことを助けようという気持ちでチーム一丸でやりました。松田も岩嵜も明後日からまた頑張りますので、あの2人を助けたのは僕です」と語り、ファンを爆笑させた。

 この日は両親が球場に訪れ、観戦していた。お立ち台で「うちの両親、今日家族来ているんですよ。親孝行息子です」と再び笑いを誘い「ファンの皆さん、1年長いんで良いときも悪いときもファンの拍手が1番の応援になるのでよろしくお願いします」と呼びかけていた。

【動画】川島の劇的サヨナラ打

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY