鷹・工藤監督「頼もしい選手たち」 川島の一打で2戦連続サヨナラ&開幕3連勝

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

「最後まで諦めない、この言葉を選手たちが身をもって実行してくれている」

■ソフトバンク 6-5 ロッテ(28日・PayPayドーム)

 ソフトバンクが2試合連続のサヨナラ勝ちで開幕3連勝を飾った。28日に本拠地PayPayドームで行われたロッテ戦。1点リードの9回に岩嵜が菅野に逆転2ランを浴びたが、その裏に2死満塁のチャンスでベテランの川島慶三が逆転サヨナラ打を放った。

 試合後の工藤公康監督も興奮冷めやらぬ様子だった。「すごかったですね。こういう試合は年に何回あるかなと思う試合を、昨日といい、今日といい、一つになって戦ってくれていることがこういう結果につながっている。最後まで諦めない、この言葉を選手たちが身をもって実行してくれている」。2試合続けての劇的な幕切れに、指揮官は選手たちの働きに目を細めた。

 1点ビハインドで迎えた8回、柳田が右前へとヒットを放つと、ヘッドスライディングで二塁を狙って執念の二塁打に。すると、2死三塁で打席に立ったデスパイネが逆転2ラン。試合をひっくり返して9回を迎えた。

 この日、最終回のマウンドにあげたのは守護神の森ではなく岩嵜だった。「最初の3連戦は3連投はさせないつもりだった。森くんはいけると言っていたけど、今日はやめよう、我慢してくれ、と」。普段以上に負担の大きい開幕カード、そして今後の長く険しい戦いを考慮して3連投は回避させたが、送り出した岩嵜が菅野に逆転2ランを被弾した。

 1点のビハインドで迎えた9回。ホークスナインたちに諦める様子はない。岩嵜を救おうという一心でロッテの守護神・益田を攻め立てた。1死から代打・長谷川が右前安打で出塁。1戦目、2戦目でヒーローとなっていた今宮が左翼線への二塁打で続き、柳田は申告敬遠。満塁と舞台は整った。そして川島。劇的な一打で試合を決めた。

 指揮官は「本当に打席に入るときに緊張しているな、と思ったんですけど、食らいついていく気持ち、なんとかしてやるという思いで、岩嵜くんを救ってくれたと思います」と頼もしきベテランを絶賛。さらに「チームとしてこれだけしっかり庇いあったりできるのも、なかなかないかなと思うくらい。僕自身も見ていて頼もしい選手たちですし、ワクワクドキドキしながら、昨日といい今日といい、見させてもらって最高の気持ちです」と、個々がカバーし合う選手たちを絶賛していた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY