36歳は代打打率10割、37歳がサヨナラ打… 今年も王者を支える“おじ鷹”たちの勝負勘

ソフトバンク・明石健志、川島慶三、長谷川勇也(左から)【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・明石健志、川島慶三、長谷川勇也(左から)【写真:藤浦一都】

川島のサヨナラ打をお膳立てした長谷川は代打打率10割、明石もヒット

■ソフトバンク 6-5 ロッテ(28日・PayPayドーム)

 3月28日に行われたロッテ戦で2試合連続のサヨナラ勝ちを決めたソフトバンク。この日、勝負を決めたのは37歳のベテラン川島慶三内野手だった。2年連続のリーグ優勝、5年連続の日本一を目指す今季、昨季苦手としていた天敵・ロッテを相手に開幕3連勝という絶好のスタートを切った。

 劇的な幕切れだった。1点リードの9回に岩嵜が菅野に逆転2ランを浴びて、試合をひっくり返された。だが、代打・長谷川の右前安打、今宮の二塁打、柳田の申告敬遠と繋がりを見せて満塁のチャンスを作ると、打席には川島が送られた。「柳田さんは軽く四球ですよね。誰でも分かってます。そこで首脳陣の方たちから『慶三、打ってきてくれ』と言われたので打ちました」。追い込まれながら、食らいついた打球は右翼線へ。2人の走者が生還し、サヨナラ勝ちの瞬間を迎えた。

 なんとも頼もしいベテランだ。川島にとってはこの日が“開幕戦”。2戦目までは出番がなく、ようやく巡ってきた今季初出場だった。誰であっても緊張感は無くならないと言われるシーズン初の打席。それに加えて2死満塁という大チャンス。この上ないプレッシャーの中で結果を残すというのは、なかなか出来るものではないだろう。

圧倒的な戦力層を誇るソフトバンクでも傑出したベテランの存在感

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY