1シーズンで地球一周以上も… 今季パ・リーグ6球団で最も移動距離が長いのは?

日本ハム・栗山監督(左)とソフトバンク・工藤監督【写真:石川加奈子、藤浦一都】
日本ハム・栗山監督(左)とソフトバンク・工藤監督【写真:石川加奈子、藤浦一都】

ホームやビジターでの試合で飛び回るプロ野球選手たち

 プロ野球の2021年シーズンが26日に開幕。全国各地を飛び回り、オープン戦を含め150試合以上を戦う選手たちを見て、みなさんも一度はこう思ったことがあるはずだ。

「プロ野球選手って1年でどれくらい移動してるの?」

 そんな疑問を解決すべく、今季の移動距離を調査。3月のオープン戦からレギュラーシーズン終了まで、1年間を通して1軍に帯同する場合、選手たちはどれほどの距離を移動するのか。パ・リーグ各球団の総移動距離を算出してみた。

【総移動距離の算出ルール】
・飛行機利用の場合は空港間の飛行距離
・新幹線利用の場合は駅間の運行距離
・上記の2つを利用しない場合(関東球場間の移動など)は球場間の距離
・宿舎と球場・駅・空港間は含めない
・オープン戦からシーズン開幕までの期間、五輪開催による中断期間は本拠地球場に戻るものとする

例:札幌ドームから楽天生命パーク宮城への移動の場合
・札幌ドーム→新千歳空港(42キロ)
・新千歳空港→仙台空港(523キロ)
・仙台空港→楽天生命パーク宮城(21キロ)

※当記事の移動距離は独自に算出したものであり、実際の移動距離とは異なる場合がある。

 パ6球団のうち移動距離が最も長いのは、札幌ドームを本拠地とし、交通手段として主に飛行機を利用する日本ハム。地方球場での主催試合もあり、北は旭川スタルヒン球場から南は沖縄タピックスタジアム名護までを移動する。同じく飛行機の利用が多いソフトバンクの移動距離の長さも際立っている。

パ6球団の平均移動距離はベースランニング換算で約30万周

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY