大谷翔平、初回無安打も3四球&暴投で先制点献上 リアル二刀流で最速160キロ

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

敵地ドジャース戦で「2番・投手」で先発出場、第1打席は見逃し三振

■ドジャース – エンゼルス(オープン戦・日本時間30日・ロサンゼルス)

 エンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、ドジャースとのオープン戦で「2番・投手」で先発出場。初回の第1打席は見逃し三振。投球ではフォーシームの制球が荒れて初回は3四球無安打1失点した。フォーシームの最速は99.4マイル(約160.0キロ)。

 初回。先頭・ベッツを二飛に打ち取ったものの、シーガー、ターナー、ポロックへの3四球などで2死満塁のピンチを招いた。マンシーにはカーブ連投して1ボール2ストライク。しかし、99.4マイルのフォーシームが暴投となった。その後、空振り三振に抑えたものの、先取点を献上した。

 初回1死で迎えた第1打席は左腕ウリアスに見逃し三振に倒れた。25日のロッキーズ戦で2004、2005年の松井秀喜(ヤンキース)に並ぶ日本人最多タイのオープン戦5本塁打を記録。次打席以降に記録更新の期待がかかる。

 リアル二刀流は「1番・投手」で先発出場した前回登板21日(同22日)のパドレス戦に続いて2登板連続。投手では4回5奪三振2安打1失点に抑え、渡米後最速101.9マイル(約164.0キロ)を記録。打撃では2打数2安打1四球で5度目のマルチ安打をマークした。

 試合前までのオープン戦成績は投手で3試合登板、0勝2敗、防御率7.88。計8回で14奪三振を記録。打者としては打率.571、5本塁打、8打点、2盗塁を記録している。

【動画】オープン戦最終登板の大谷翔平 初回のピンチを空振り三振で凌ぐ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY