DeNA三浦監督、痛恨の継投失敗 頼みの石田、山崎康で3点差逆転負け、燕は今季初勝利

DeNA・三浦大輔監督【写真:小谷真弥】
DeNA・三浦大輔監督【写真:小谷真弥】

大貫が7回1失点と力投もリリーフ陣が崩れた

■ヤクルト 5ー4 DeNA(30日・横浜)

 DeNAは30日、ヤクルトとの本拠地開幕戦(横浜)で4-5で逆転負け。1分けを挟んで開幕3連敗となり、三浦大輔監督の1軍監督初勝利はお預けとなった。

 頼みの方程式が崩れた。先発の大貫が自己最多118球を投げて7回5安打1失点と力投。3点リードの8回は石田に託したが、2四球などでピンチを招いて内川の中前適時打で2点差。3番手の山崎は塩見の同点2点二塁打、代打・川端の勝ち越し適時二塁打で一気に逆転を許した。

 打線は宮崎の2打席連続タイムリーなどで優位に進めたが、8、9回は無得点。今季4戦目での初勝利はならなかった。

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY