オリ中嶋監督も「何でなのかなぁ…」と頭抱える ホーム開幕戦7連敗が起きた訳

オリックス・中嶋聡監督【写真:福谷佑介】
オリックス・中嶋聡監督【写真:福谷佑介】

「明日(31日)勝ったからといって借金2つ減るわけじゃない。コツコツいきます」

■ソフトバンク 3ー1 オリックス(30日・京セラドーム)

 オリックスは30日、京セラドームで行われたソフトバンク戦に1-3で敗れホーム開幕戦は2015年から7連敗となった。開幕戦は2012年から10連敗、開幕カードは10年連続負け越しと近年は“スタートダッシュ”を切れないのが現状だ。この日の試合では中嶋聡監督が頭を抱える場面があった。

 記録には残らないミスで敗れた。両チーム無得点で迎えた2回の守備。1死一、三塁から栗原の浅い左飛を吉田正は捕球すると三塁手・紅林へすぐさま送球したが三走・グラシアルのスタートに気付かなかったのか本塁へ送球せず先制を許した。

 この場面に中嶋監督も試合後は「連携というところなのか、色んなところですよね。何でなのかなぁ……」とため息。打線も4番・ジョーンズに特大の今季1号が飛び出したが、繋がりを欠き5安打1得点に終わり「得点圏打てない。連鎖というか、断ち切らなきゃいけない。誰がというわけじゃないが皆で断ち切っていかなきゃいけない」と、流れを変える一打を求めていた。

 31日の同カードを敗れれば開幕2カード連続負け越しと重苦しい空気になるが「明日(31日)勝ったからといって借金2つ減るわけじゃない。コツコツいきます」と指揮官は淡々と語っていた。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY