野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「一瞬フライかと…」プロ初安打が初本塁打 西武ブランドンのパワーにファン驚き

30日に敵地・札幌ドームで行われた日本ハム戦で、記念すべきプロ初安打を初本塁打で放った西武のドラフト6位ルーキー・タイシンガーブランドン大河内野手。タイミングを外されながらも札幌ドームのスタンドまで運んだパワーにファンが注目している。

プロ初本塁打を放った西武のブランドン【画像:パーソル パ・リーグTV】
プロ初本塁打を放った西武のブランドン【画像:パーソル パ・リーグTV】

日本ハム戦の2回にタイミングを外されながらもスタンドへ運んだブランドン

■西武 11ー4 日本ハム(30日・札幌ドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 30日に敵地・札幌ドームで行われた日本ハム戦で、記念すべきプロ初安打を初本塁打で放った西武のドラフト6位ルーキー・タイシンガーブランドン大河内野手。タイミングを外されながらも札幌ドームのスタンドまで運んだパワーにファンが注目している。

 2回、中前安打で出塁した木村を一塁に置き、打席に立ったブランドン。2ボールからの3球目、高めに浮いたチェンジアップを捉えた。ややタイミングを外されての打球となったが、打球は広い札幌ドームの左翼スタンドまで届く2ランに。東農大オホーツク出身のブランドンにとって“凱旋試合”で放ったプロ初安打がプロ初本塁打となった。

 タイミングを外されながらもスタンドまで運んだルーキーのパワーをファンも絶賛。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeが「【凱旋ブランドン】プロ初安打がプロ初本塁打【大物の予感】」と動画を公開すると、ファンからは「札幌でこの当たりが入るのか、、、パワーえぐいな」「これは将来期待だ」「札幌ドームでホームラン打てるのは本物や」「一瞬フライかと思った」「ドラフト6位とは思えない」と驚きの声が上がっていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」