野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 澤村拓一
  • 「アメージングな球」「恐るべき」 米にも衝撃与えた澤村拓一の150キロスプリット

「アメージングな球」「恐るべき」 米にも衝撃与えた澤村拓一の150キロスプリット

レッドソックスの澤村拓一投手が2日(日本時間3日)、本拠地での今季開幕となったオリオールズ戦でメジャー初登板。9回から5番手として登板し1回1安打無失点の好投。NPB時代に打者を圧倒した高速スプリットは健在で米ファンも「アメージングな球」「恐るべき」と驚愕の声が上がっていた。

オリオールズ戦に登板したレッドソックス・澤村拓一【写真:AP】
オリオールズ戦に登板したレッドソックス・澤村拓一【写真:AP】

3日のオリオールズ戦でメジャーデビュー、先頭打者をスプリットで空振り三振

■オリオールズ 3ー0 Rソックス(日本時間3日・ボストン)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 レッドソックスの澤村拓一投手が2日(日本時間3日)、本拠地での今季開幕となったオリオールズ戦でメジャー初登板。9回から5番手として登板し1回1安打無失点の好投。NPB時代に打者を圧倒した高速スプリットは健在で米ファンも「アメージングな球」「恐るべき」と驚愕の声が上がっていた。

 澤村の“代名詞”がメジャーの舞台でも輝きを放った。3点ビハインドの9回にマウンドに上がると先頭ヘイズを93マイル(約150キロ)のスプリットで三振を奪った。

 この1球を「ピッチング・ニンジャ」の愛称でSNS上で様々な投手を分析、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブ、ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに「馬鹿げている93マイルのスプリッター」とコメントを添え動画で公開した。

 右打者の内角に鋭く沈むスプリットにファンも「ダルビッシュのスプリームみたいだ」「アメージングな球」「恐るべきだ」「常軌を逸している」「クローザーになっても驚くな」「なんて魔法だ!」と大絶賛だった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」