野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

最速152キロ導いた“1日7合”と恩師との二人三脚…ドラフト候補・森木大智の夢

熱戦が繰り広げられた選抜高校野球。その舞台に立てなかった悔しさを力に変え、夏の甲子園を目指している球児がいる。最速152キロを誇るプロ注目の右腕、高知高・森木大智投手(3年)だ。同郷のスター・藤川球児氏に憧れ野球を始めた男は、自分を見出してくれた恩師と二人三脚で、最後の夏を目指す。

高知・森木大智【写真:学校提供】
高知・森木大智【写真:学校提供】

同郷のスター、藤川球児に憧れた幼少時代

 熱戦が繰り広げられた選抜高校野球。その舞台に立てなかった悔しさを力に変え、夏の甲子園を目指している球児がいる。最速152キロを誇るプロ注目の右腕、高知高・森木大智投手(3年)だ。同郷のスター・藤川球児氏に憧れ野球を始めた男は、自分を見出してくれた恩師と二人三脚で、最後の夏を目指す。【西村志野】

少年野球の保護者、指導者の疑問も取材中 解決方法は「Full-Count ROOTS」へ

 184cm、88キロの大きな体。小さい頃から、周りと比べ、身長はずば抜けていた。父は野球、母はバレーボール、姉は新体操と、スポーツ一家で育ったこともあり、昔から体を動かすのは好きだった。運動神経がよく、ベースランニングのタイムもチーム上位を誇る。

 白ごはんが大好物。「多い時は1日7合は食べますね」と豪語する。朝は大きなどんぶりで、お昼には2リットルのタッパーに入れて食べる時もある。間食でおにぎりも食べて、夜にまたどんぶりを平らげる。鳥の唐揚げも大好き。大きいサイズを10個ほど、食べる時もある。食べ盛りの高校生だ。

 好きな言葉を問うと「『愛』……ですかね」と照れ臭さそうに笑う。

「野球をとことん愛すというか、人が人を好きになるように野球も愛してくれないと野球の神様も微笑んでくれないと思って。中学の時から、練習用の帽子に『愛』という言葉を書いていました。練習している時にふと、上を目指すにはそういうところも大事かなと思って書きました」

 野球を始めたきっかけは、同じ高知県出身で、昨季限りで現役を引退した元阪神タイガースの藤川球児さんだった。

「小さい時に藤川球児さんが投げているのをテレビで見て、そんなボールを投げたいなと思って始めました。分かっていても打たれないストレートとか、強気で押していくスタイルとか、すごく印象に残っています」

 藤川さんとはまだ会ったことはない。2006年のプロ野球オールスターゲームで藤川さんとアレックス・カブレラ(西武)が対戦し、全球直球勝負。「火の玉ストレート」で空振り三振を奪ったシーンは、繰り返し動画で見ている。藤川さんのストレートに憧れ、野球の道に進んだ森木は、最速152キロを誇るストレートで自らもプロ注目と言われる投手になった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」