野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ初対戦の相手は柳田悠岐… ロッテの191センチ「土居魔神」が9球で得た“収穫”

3月26日。迎えたペナントレース開幕戦。ロッテの土居豪人投手は、1軍デビューを果たした。ブルペンでは平常心を保っていたが、いざマウンドに上がると、自然と緊張感に覆われた。

ロッテ・土居豪人【写真:荒川祐史】
ロッテ・土居豪人【写真:荒川祐史】

開幕戦で初の1軍マウンド、最初に対峙したのは柳田悠岐

 3月26日。迎えたペナントレース開幕戦。ロッテの土居豪人投手は、1軍デビューを果たした。ブルペンでは平常心を保っていたが、いざマウンドに上がると、自然と緊張感に覆われた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 舞台は、敵地PayPayドーム。相手は、4年連続日本一の王者ソフトバンク。迎えた打者は、柳田悠岐。5点リードされた8回。たとえ“敗戦処理”でも、思いにブレはなかった。

「抑えたい気持ちでいっぱいでした」

 物怖じせず、自らの生命線である直球で内角を攻めた。9球を投じ、結果は四球だったが、球界を代表する強打者相手に直球でファウルを取れたことは自信になった。

 その後もグラシアル、中村晃、デスパイネと、強打者たちと対戦。ずっとテレビで見てきたバッターを目の前にすると、体に力が入った。1回を1安打2四球で2失点とホロ苦デビューとなったが、「球界の中でも凄い打順だと思うので、そこを経験できたのはプラスだったのかな」と前向きに捉える。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」