野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 162.5キロのカットボール 規格外の“破壊力”に米騒然「常軌を逸している」

162.5キロのカットボール 規格外の“破壊力”に米騒然「常軌を逸している」

インディアンスのエマヌエル・クラセ投手が4日(日本時間5日)のタイガース戦の9回に登板し、1イニングを3人で退けた。ドミニカ共和国出身の23歳右腕はこの試合で何と101マイル(約162.5キロ)のカットボールを投げ、ファンから驚嘆の声が上がっている。

インディアンスのエマヌエル・クラセ【写真:Getty Images】
インディアンスのエマヌエル・クラセ【写真:Getty Images】

インディアンスのエマヌエル・クラセがタイガース戦で計測した

■インディアンス 9ー3 タイガース(日本時間5日・デトロイト)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 インディアンスのエマヌエル・クラセ投手が4日(日本時間5日)のタイガース戦の9回に登板し、1イニングを3人で退けた。ドミニカ共和国出身の23歳右腕はこの試合で何と101マイル(約162.5キロ)のカットボールを投げ、ファンから驚きの声が上がっている。

 6点リードの9回に登板したクラセ。先頭のロビー・グロスマンへの初球で全米の度肝を抜いた。カットボールの球速は何と101マイルだった。NPBではフォーシームでもなかなかお目にかかれない100マイル超の領域。それをカットボールで計測するのだからまさに異次元だ。超高速カッターの映像を「ピッチング・ニンジャ」の愛称で投球分析するロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに投稿したところ、驚きの声が次々と寄せられている。

「なんだって? こんなことが起こりえるなんて知らなかった」「全くもってえげつない」「こんなの打つのは可能なの?」「どうやって打つんだよ」「こんな球にどう備えればいいの?」「何ができるってんだ?」「公平じゃない」「常軌を逸している」「これは馬鹿げている」「101マイルで手元で変化する球なんて打つのは不可能だ」

 昨年は薬物規定違反で80試合の出場停止処分を科され、登板機会がなかった右腕。今季はどんな活躍を見せてくれるだろうか。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」